カレンダー
2017年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘XS’ タグのついている投稿

タイヤとバッテリー交換

2013/01/16

先月(2012年12月)にディーラーへ6ヶ月点検に行った時、タイヤにスリップサインが出かかっている(残り2mm)ということだったので、タイヤ交換することに。走行距離は4万2千km程度。SHフォレスターXとXSのノーマル純正タイヤはこれもオールシーズンタイヤのブリヂストンDUELER H/T 687。サイズは215/65R16 98H(オプション装着車と特別仕様車は除く)

スリップサインが見える純正タイヤ

スリップサインが見える純正タイヤ

ディーラーだと高いので、他のお店でまずは見積もりしました。

以前にこのブログで紹介したタイヤSUV専用ブリヂストンDUELER H/L 683を軸に。

ちょうどガソリンを入れに行ったスタンドでキャンペーンをやっているとのことで純正タイヤで見積もってもらったところ、結構いい値段だったので保留。

次にカー用品専門店で見積もり。まだ納得いかない。

CMでも流れているブリヂズトン専門店タイヤ館でDUELER H/L 683を見積もり。ネット販売では1本15,000円位で出ていたことを告げると「ネット販売とは販売方法が違うので、同じにできません」と。「ネット販売も実店舗で同時販売しているはず」と反論すると「ちょっと待ってください」と店員が言って奥に入って行った。

交換工賃、窒素ガス封入、キャップ交換、廃タイヤ料金を含めて78,000円。まだ安いお店がありそうだったけど歳末で時間もなかったので、決めた。1本当たり18,000円くらいになってたはず。店に在庫はなくメーカーの在庫ありと言われ、取り寄せ注文。1週間ほどで届いた。

交換したタイヤ

交換したタイヤDUELER H/L 683

バッテリーも弱っていたので同時に交換。SHフォレスターA型5MTの純正バッテリーは55D23L。ユアサバッテリーの75D23L(2年または2万km保障)に交換。SHフォレスターを買ってはじめてのバッテリー交換です。タイヤと合計93,000円。

窒素ガス封入なので、自分でタイヤに空気を入れることができない。今のタイヤを履いている間はいつでも無料で窒素を入れてくれるということだった。月1くらい通えばいいかな。

金属バルブ

金属バルブに交換

肝心な乗り心地はDUELER H/L 683はオールシーズンタイヤなので、純正タイヤとあまリ変わらなく良好。しかし速度記号が落ちている。純正タイヤは98Hだけど、H/L 683は98S。Hは210km/hまでで、Sは180km/hまで。メーターが振り切れるまで速度は出すことはないはずなので、心配はいらないと思う。オールシーズンタイヤで少しの雪なら走れる。でも凍結した路面、滑り止めが必要な路面状況では走れない。

新品のタイヤと古いタイヤ。こんなに違うものかというくらい溝に差がある。スリップサインが完全に露出した状態では非常に危険。タイヤは命を乗せて走るというくらいなので、早いめに交換するのがイイです。

ちなみに履く予定はないけど「おすすめのスタッドレスタイヤは?」と店のスタッフに聞くと、「SUV用のブリザックがあります。BLIZZAK DM-V1」ということでした。

関連リンク:

軽快なハンドリング

2011/09/02

試乗の時や購入したあとで乗ってみてハンドリングについて感じることをここで書きたい。

SHフォレスターのXとXSは電動パワーステアリング搭載。もちろんXTの油圧パワーステリング(試乗した時に確認)も悪くはない。電動にすることによって若干、燃費がよくなるので、各メーカーともこぞって電動を採用している。電動といえば以前は小型車の特権。当時はフィーリングもあまりよくなかった車種もあった。

SHフォレスター XSの電動パワーステアリング。運転していてもかなり心地いい。電動とは感じさせないくらいフィーリングもよい。街中の曲がり角、ワインディング。本当に軽快である。スバルのクルマを買ってよかった思えるひとときになっていく。

余談だが、イチバン最初に購入したミラは電動パワーステアリンングが切れるか切れないかのビミョーな速度(40km/h)付近では急にハンドリングが重くなったり軽くなったりしていた。

SHフォレスター XSの電動パワステの唯一の欠点といえば・・・駐車する時、超低速で切っていく時にある。バックギアでもローギアでも…ゆっくりハンドルを切っていくと、自分が意図しないくらいハンドルが勝手に切れ込んでいくような感じを受けて、切れすぎないよう止めるシーンがある。切れすぎを止めるとはいっても、グッとチカラを入れてハンドルを止めるのではなく、軽く手を添える程度。それは不都合な症状でなく車種の特性で許容範囲。「おいおいどこまで勝手にハンドルが切れるんだ?」と最初は戸惑った。それだけハンドルが軽快である証拠なのかもしれない。XSは本革巻きステアリングとあいまって握りっぷしもよく、手に馴染みやすいので快適なハンドリング操作を行うことができる。

高速道路ではその軽快さが逆に仇になるシーンも。軽すぎて不安定になってしまうこともある…というようなXとXSの電動パワーステアリング。いずれも許容範囲で「慣れ」が解決してくれることでしょう。。。

そして・・・当ブログのコメントにもある…自分のSHフォレスターA型XS(5MT)にはそんな症状はないのだが、「長距離・長時間走らせているとハンドリングが重くなる&遊びがなくなる」という症状があるとのこと。その不都合な症状を訴える人はお二人いる。他にもそういう症状がある人がいるのではないか。ハンドリングについて、不都合な症状がある人はどんな症状か、この記事のコメント欄に書き込んでいただきたいと思います。みんなで情報を共有していきましょう。

おすすめタイヤ

2011/05/01

今年(2011年)6月に車検なのだが、車検までに3万kmは超えそうにない。路面状況や走り方によるが、タイヤ交換はまだ必要なさそう。

距離が伸びなくても5年くらい経過すると、タイヤがひび割れてきて経年劣化し、交換が必要になる。原材料の高騰で6月よりタイヤメーカーが一斉に値上げするとアナウンスされているので、近くタイヤ交換する予定なら5月中にしたほうがよい。

初代RAV4に乗っていた時、2回ほどタイヤ交換した。純正でついていたタイヤの銘柄は不明だが、オールシーズンタイヤが入っていて、カーブでスピードをのせていくと、タイヤがすぐに鳴いてアンダーステアが出るなんてことは日常茶飯事。タイヤが磨り減る前に交換した。そのとき交換したのはブリジストンのSUV専用DUELER H/P680でオンロード専用のハイグリップタイプ。グリップ性能&乗り心地もGOODでタイヤの進行方向が決められたモデルだったので、交換後は路面に対して食い付きがよくなり、アンダーステアが出にくく、タイヤが流れて滑ることが少なくなった。さらにロードノイズが減少して、明らかに静かになったのがわかるくらい。

SHフォレスターXとXSのノーマル純正タイヤはこれもオールシーズンタイヤのブリヂストンDUELER H/T 687。サイズは215/65R16 98H(オプション装着車と特別仕様車は除く)。

純正タイヤ

純正タイヤ

運動性能の重視ならブリヂストンSUV専用DUELER H/P SPORTがおすすめ。SUV車のオンロードスポーツ走行専用に開発されたコンパウンド。コーナー&ストレート、ドライ&ウエットの路面に威力を発揮する。その分、耐久性能に劣るが、オンロードメインなら素晴らしい性能であることに間違いない。ただし雪道にはめっぽう弱い。初代RAV4で交換して履いていたDUELER H/P680の後継タイヤでなのでハイグリップ。ロードノイズも純正タイヤより緩和されて乗り心地もいいはず。自分ならこれを選ぶ。

メインは街乗りで耐久性能・快適性能とコストのバランスを選ぶなら、SUV専用DUELER H/L 683。純正仕様と同じようなタイヤを選択したいならコレ。街乗りには十分な性能があり、パラつく程度の雪(滑り止め規制のような雪道には不可)なら耐える。SHフォレスター純正のタイヤよりはハイグリップ。こだわりがない人なら通常これがベストなのではないかと自分的には思う。

オフロードの走破性のタイヤを選択したいなら、DUELER A/T694。泥道にも食いつきがいいように設計されている。街乗りが多い人ならわざわざこちらを選ぶ必要性はないかと。

最近 流行りのエコタイヤは燃費性能を上げる設定されている。転がり抵抗を少なくしているのが主な特徴。その分グリップ力に劣るし、燃費向上も数%程度ということで、元々 あまり燃費のよくないSUVに乗っているならエコタイヤを選択する意味がないように感じる。燃費を気にするなら運転方法を見直す程度で数%は稼げるはず。

自分はBRIDGESTONEしか知らないので、YOKOHAMAタイヤ・TOYOタイヤでよいSUV用のタイヤがあれば、教えてほしいです。

追記:SH5フォレスター、初めてのタイヤとバッテリー交換

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー