楽天トラベル株式会社

カレンダー
2017年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘SH5フォレスターA型’ タグのついている投稿

12カ月点検

2014/06/19

今日は愛車SHフォレスターA型の12カ月点検。新車購入より6年で走行距離約51,000km。昨年(2013年)が2回目の車検だったので、今年は点検のみ。 エンジンオイル交換とエレメント交換。これは点検パックに入ってるので、料金はかからない。

点検項目各種にほぼ異常なし。前タイヤ2本に少しだけ片減りが見られたということで、タイヤローテーションしてもらいました。これはおそらく通勤で細い抜け道を使うので、路肩の路面状態があまりよろしくないのが理由ではないかと。

店頭にはレヴォークの試乗車を展示。「人気でしょ?いま注文したらいつ頃納車できるん?」と聞くと、「約2ヶ月待ちでいけます。明日(6月20日)が発売日で1月から予約受け付けした人の納車が始まります」とのことでした。

聞いてみると試乗できるということだったので、点検作業後に試乗させてもらうことにしました。

そのレポートは後日。。。

ドアミラー

2014/01/16

昨年末の早朝出勤時、狭い道路を走行中、運転席側のドアミラーをぶつけられた。

こちらはかなりスピードを落としてましたが、抜け道のため相手がスピードを落とさず、しかもギリギリまで道路の端へ幅寄せしてない状況で、コツンとミラー同士をぶつけられた。

相手は軽自動車。大型車よりも軽や小型車のほうがスピードを落とさず更に幅寄せしてないことが多く、職場の人間も当てられたという話もたびたびあった道路。

降りて確認するとボディーは無傷。電動ミラーで角度調節する機能と格納機能は動く。鏡の破損はなし。

運転席側ドアミラー

運転席側ドアミラー

6ヶ月点検時に一緒に修理見積もり。工賃・税込みで36,215円。部品は注文で翌日午後に届くとのことだったので、夜6時頃に予約を入れておきました。保険は使わず自費で。

翌日、仕事を早く終えてディーラーへ。ミラーと配線は生きているので、内側(ブラック)と外側(ボディー同色)樹脂部分の交換のみ。作業時間は約30分。作業は迅速でした。

ドアミラーにウインカーが付いているタイプは修理にはもっと高くつくと思います。

当ブログにアクセスの多い記事

2013/06/03

フォレスターについて

4代目SJフォレスター試乗記(SJフォレスター)

タイヤとバッテリー交換

カーステレオ(カーオーディオ)やカーナビゲーションでAMラジオが受信できない(聴けないor聞けない)

SHフォレスターA型の実燃費

SHフォレスターA型の4回目車検費用3回目車検費用2回目車検費用初回車検費用

SH5フォレスター、リコール

長距離・長時間走らせているとハンドリングが重くなる&遊びがなくなる不具合

SHフォレスター5速マニュアルミッション(5MT手動変速)

[PR]スバル・レヴォーグのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

タイヤとバッテリー交換

2013/01/16

先月(2012年12月)にディーラーへ6ヶ月点検に行った時、タイヤにスリップサインが出かかっている(残り2mm)ということだったので、タイヤ交換することに。走行距離は4万2千km程度。SHフォレスターXとXSのノーマル純正タイヤはこれもオールシーズンタイヤのブリヂストンDUELER H/T 687。サイズは215/65R16 98H(オプション装着車と特別仕様車は除く)

スリップサインが見える純正タイヤ

スリップサインが見える純正タイヤ

ディーラーだと高いので、他のお店でまずは見積もりしました。

以前にこのブログで紹介したタイヤSUV専用ブリヂストンDUELER H/L 683を軸に。

ちょうどガソリンを入れに行ったスタンドでキャンペーンをやっているとのことで純正タイヤで見積もってもらったところ、結構いい値段だったので保留。

次にカー用品専門店で見積もり。まだ納得いかない。

CMでも流れているブリヂズトン専門店タイヤ館でDUELER H/L 683を見積もり。ネット販売では1本15,000円位で出ていたことを告げると「ネット販売とは販売方法が違うので、同じにできません」と。「ネット販売も実店舗で同時販売しているはず」と反論すると「ちょっと待ってください」と店員が言って奥に入って行った。

交換工賃、窒素ガス封入、キャップ交換、廃タイヤ料金を含めて78,000円。まだ安いお店がありそうだったけど歳末で時間もなかったので、決めた。1本当たり18,000円くらいになってたはず。店に在庫はなくメーカーの在庫ありと言われ、取り寄せ注文。1週間ほどで届いた。

交換したタイヤ

交換したタイヤDUELER H/L 683

バッテリーも弱っていたので同時に交換。SHフォレスターA型5MTの純正バッテリーは55D23L。ユアサバッテリーの75D23L(2年または2万km保障)に交換。SHフォレスターを買ってはじめてのバッテリー交換です。タイヤと合計93,000円。

窒素ガス封入なので、自分でタイヤに空気を入れることができない。今のタイヤを履いている間はいつでも無料で窒素を入れてくれるということだった。月1くらい通えばいいかな。

金属バルブ

金属バルブに交換

肝心な乗り心地はDUELER H/L 683はオールシーズンタイヤなので、純正タイヤとあまリ変わらなく良好。しかし速度記号が落ちている。純正タイヤは98Hだけど、H/L 683は98S。Hは210km/hまでで、Sは180km/hまで。メーターが振り切れるまで速度は出すことはないはずなので、心配はいらないと思う。オールシーズンタイヤで少しの雪なら走れる。でも凍結した路面、滑り止めが必要な路面状況では走れない。

新品のタイヤと古いタイヤ。こんなに違うものかというくらい溝に差がある。スリップサインが完全に露出した状態では非常に危険。タイヤは命を乗せて走るというくらいなので、早いめに交換するのがイイです。

ちなみに履く予定はないけど「おすすめのスタッドレスタイヤは?」と店のスタッフに聞くと、「SUV用のブリザックがあります。BLIZZAK DM-V1」ということでした。

関連リンク:

SH5フォレスター、リコール#2

2012/07/05

今日、リコールの修理。ディーラーへは12ヶ月点検とともにリコールの修理も一緒にTELで事前予約。作業時間はほぼ丸1日かかるということだったので、代車も予約した。代車はレガシーツーリングワゴン。

朝一番(10時頃)に持っていくと、12ヶ月点検についての説明。自分が感じる不都合はなく、エンジンオイル交換とエレメント交換を依頼。

用事を済ませるためそのままショッピングへ。しばらくしてからディーラーからケータイへTELがあった。ヘッドライトの右側スモールランプが切れているので、交換してよいかどうかの問い合わせだったので、もちろんOKを出しておいた。最近は夜間にフォレスターに乗ることがなく、スモールランプが切れていることに気付かなかった。

17時頃、作業が終わったとの連絡が入ったので、愛車を取りに行った。点検パックに入っているので、12ヶ月点検(オイル付き)は追金なし。ランプ球の交換で661円支払った。

肝心のリコールの修理。これはウォーターポンプの交換ということだった。リコール修理後には運転席ドアを空けた部分に「自動車安全対策協議会」のシールが貼られた。

シール

参考:ブログ記事「SH5フォレスター、リコール

SH5フォレスター、リコール

2012/06/15

2012年6月7日付けでスバルがリコール情報を出している。フォレスターのSH5も出ていて、自分のクルマも対象車種。SH5の製作期間が平成20年(2008年)5月22日~平成20年11月6日ということなのでA型。B型やSHJでC型以降のフォレスターには関係ないと思われる。

リコール内容はウォーターポンプにおいてベアリングの隙間が原因でそのまま使い続けると、タイミングベルトが破損し最悪の場合はエンジン停止して再始動できなくなるということ。自分のところにはディーラーからリコール案内のハガキが届いている。それによると、作業時間は3時間と書いてある。

ディーラーから届いたハガキ

ディーラーから届いたハガキ

リコール情報

リコール情報

他にSH5フォレスターA型と同時期に製造していたレガシー、インプレッサ、エクシーガも一部の車両はリコールに該当。詳しくはリコール情報まで。

関連記事:富士重工業リコール情報

気になる実際の燃費

2011/10/28

通勤にクルマを使うようになってから、燃費に関して記録をノートへ付けてます。付けているのは1回の給油で走った距離、給油したガソリン量、1リットル当たりのガソリン価格、支払った料金、満タン法で計算した燃費。クルマもエコな時代、カタログ水地の燃費よりも実際の燃費に関して気になる人も多いかと思いますので、ここで紹介します。

経験的に燃費が極端に悪化する原因は・・・

  • 短距離走行の繰り返し
  • 渋滞にハマる
  • エアコンの使用
  • 不要なアイドリング

メインはこの4つではないかと思います。

短距離走行について、何kmをもって短距離走行というのかといえば…いろいろな文献で探ってみると、15km以下というのが一般的のようです。百歩譲っても10km以下くらいでしょうか。普段は通勤に使っているので、走行距離は10km以上。でも休みの時にはお買い物走りするので5km以下という走行を繰り返す。この時に燃費が悪化するのもと思われます。

渋滞は仕事から帰ってくる時、必ずハマる。燃費計を見ると、みるみるうちに悪化していくのがわかります。特にレジャーがメインで使用されている人は渋滞を避けようとすれば避けられる場合、努力したほうがいいかも。

エアコンの使用は特に夏場はしかたないですもんね。どのクルマでもコンプレッサーを回せばアイドリングが自動的に上がって燃費が悪化するのは広く知られているところ。

不要なアイドリングは避けられるはずですね。

他にも燃費が悪化する原因はありますよね。最近ではオートマチック(AT)が主流なので、空ぶかしは少なくなったと思います。アクセルの不要な踏み込みは悪化します。逆に早めにアクセルを放してエンジンブレーキを使うようにすれば燃費は向上します。エンジンブレーキがかかっているあいだは燃料の噴射は止っているとのこと。なので、エンジンブレーキを使いやすい5MT(5速マニュアルミッション)に乗っているワケです(笑)。4駆は4輪全部エンジンブレーキがかかるので、安定しますし。

SHフォレスターに設定されている4ATと5MT。それぞれの変速比を見てみると、4ATの4速(オーバードライブ)は0.694、5MTの5速トップは0.780(XTは0.738)なので、高速道路では4ATの方がハイギアードで燃費がよさそう。街中では最適なギアを選択すれば5MTのほうが燃費がよさそう。5MTの4速は変速比0.972で、すでにオーバードライブ。加速しにくいですね。加速するのなら3速に入れてアクセルを開けましょう。

実際の燃費は当ブログの固定ページ、SHフォレスターA型5MT「実燃費の記録」までどうぞ。

参考:Bisiness Media 誠-燃費が向上するという「2分の1給油法」に落とし穴

軽快なハンドリング

2011/09/02

試乗の時や購入したあとで乗ってみてハンドリングについて感じることをここで書きたい。

SHフォレスターのXとXSは電動パワーステアリング搭載。もちろんXTの油圧パワーステリング(試乗した時に確認)も悪くはない。電動にすることによって若干、燃費がよくなるので、各メーカーともこぞって電動を採用している。電動といえば以前は小型車の特権。当時はフィーリングもあまりよくなかった車種もあった。

SHフォレスター XSの電動パワーステアリング。運転していてもかなり心地いい。電動とは感じさせないくらいフィーリングもよい。街中の曲がり角、ワインディング。本当に軽快である。スバルのクルマを買ってよかった思えるひとときになっていく。

余談だが、イチバン最初に購入したミラは電動パワーステアリンングが切れるか切れないかのビミョーな速度(40km/h)付近では急にハンドリングが重くなったり軽くなったりしていた。

SHフォレスター XSの電動パワステの唯一の欠点といえば・・・駐車する時、超低速で切っていく時にある。バックギアでもローギアでも…ゆっくりハンドルを切っていくと、自分が意図しないくらいハンドルが勝手に切れ込んでいくような感じを受けて、切れすぎないよう止めるシーンがある。切れすぎを止めるとはいっても、グッとチカラを入れてハンドルを止めるのではなく、軽く手を添える程度。それは不都合な症状でなく車種の特性で許容範囲。「おいおいどこまで勝手にハンドルが切れるんだ?」と最初は戸惑った。それだけハンドルが軽快である証拠なのかもしれない。XSは本革巻きステアリングとあいまって握りっぷしもよく、手に馴染みやすいので快適なハンドリング操作を行うことができる。

高速道路ではその軽快さが逆に仇になるシーンも。軽すぎて不安定になってしまうこともある…というようなXとXSの電動パワーステアリング。いずれも許容範囲で「慣れ」が解決してくれることでしょう。。。

そして・・・当ブログのコメントにもある…自分のSHフォレスターA型XS(5MT)にはそんな症状はないのだが、「長距離・長時間走らせているとハンドリングが重くなる&遊びがなくなる」という症状があるとのこと。その不都合な症状を訴える人はお二人いる。他にもそういう症状がある人がいるのではないか。ハンドリングについて、不都合な症状がある人はどんな症状か、この記事のコメント欄に書き込んでいただきたいと思います。みんなで情報を共有していきましょう。

既製品カーステレオでAMラジオが聴けない

2011/03/10

SHフォレスターA型のXSとXTは最近のクルマには珍しく、カーステレオが標準装備されている。ハンドル左側にはカーステレオを操作するステアリングリモコンも付いている。マイナーチェンジ後B型以降のXSとXTにはオーディオレス化されている。カーナビを取り付けることが多く無駄になるということから最近のクルマ全般でカーステレオを標準装備してないというのは広く知られているところ。A型はお買い得感を出すために標準装備されていたと思われる。

(続きを読む…)

こんな状況

2011/02/14

今日は自分の住む街、大阪の平地でも、お昼から雪が降ってきた。このへんでお昼からの雪は積もることはないが、寒さがあったので積った。高速道路でも一部通行止めやタイヤチェーン・スタッドレスタイヤの滑り止め規制、速度規制が出ていた。

風景

雪に埋もれるSH5フォレスターA型

4駆でオールシーズンタイヤを履いているとはいえ、こんな状況では危なくて出かけられない。XSのノーマルで取り付けられているタイヤは 215/65R16 98H、BRIDGESTONE DUELER H/T687。大通りはクルマが多数通って雪も溶けているが、細い道は雪が積もっていて滑ると思った。しかたないので出かけるのは中止。歩いて買い物に出かけた。あす積ってないか心配。

関連リンク:SHフォレスター用!非金属チェーン カーメイト BIATHLON Quick EASY QE14(ケータイ・パソコン対応)

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー