ジャパネットたかた メディアミックスショッピング

カレンダー
2019年8月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘電動パワーステアリング’ タグのついている投稿

軽快なハンドリング

2011/09/02

試乗の時や購入したあとで乗ってみてハンドリングについて感じることをここで書きたい。

SHフォレスターのXとXSは電動パワーステアリング搭載。もちろんXTの油圧パワーステリング(試乗した時に確認)も悪くはない。電動にすることによって若干、燃費がよくなるので、各メーカーともこぞって電動を採用している。電動といえば以前は小型車の特権。当時はフィーリングもあまりよくなかった車種もあった。

SHフォレスター XSの電動パワーステアリング。運転していてもかなり心地いい。電動とは感じさせないくらいフィーリングもよい。街中の曲がり角、ワインディング。本当に軽快である。スバルのクルマを買ってよかった思えるひとときになっていく。

余談だが、イチバン最初に購入したミラは電動パワーステアリンングが切れるか切れないかのビミョーな速度(40km/h)付近では急にハンドリングが重くなったり軽くなったりしていた。

SHフォレスター XSの電動パワステの唯一の欠点といえば・・・駐車する時、超低速で切っていく時にある。バックギアでもローギアでも…ゆっくりハンドルを切っていくと、自分が意図しないくらいハンドルが勝手に切れ込んでいくような感じを受けて、切れすぎないよう止めるシーンがある。切れすぎを止めるとはいっても、グッとチカラを入れてハンドルを止めるのではなく、軽く手を添える程度。それは不都合な症状でなく車種の特性で許容範囲。「おいおいどこまで勝手にハンドルが切れるんだ?」と最初は戸惑った。それだけハンドルが軽快である証拠なのかもしれない。XSは本革巻きステアリングとあいまって握りっぷしもよく、手に馴染みやすいので快適なハンドリング操作を行うことができる。

高速道路ではその軽快さが逆に仇になるシーンも。軽すぎて不安定になってしまうこともある…というようなXとXSの電動パワーステアリング。いずれも許容範囲で「慣れ」が解決してくれることでしょう。。。

そして・・・当ブログのコメントにもある…自分のSHフォレスターA型XS(5MT)にはそんな症状はないのだが、「長距離・長時間走らせているとハンドリングが重くなる&遊びがなくなる」という症状があるとのこと。その不都合な症状を訴える人はお二人いる。他にもそういう症状がある人がいるのではないか。ハンドリングについて、不都合な症状がある人はどんな症状か、この記事のコメント欄に書き込んでいただきたいと思います。みんなで情報を共有していきましょう。

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー