カレンダー
2017年3月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘スバル(富士重)’ タグのついている投稿

水平対向エンジン+4WDのHV

2013/04/24

スバルの気になる動向や記事もご紹介していきたいと思います。

東洋経済ONLINEにはタイトルのような記事があります。

HVは燃費性能だけが重視されがちですが、モーターのスムースな加速性能に利点。モーターだけで走る電車は加速もスムースだし、モーター音もエンジン音に比べればはるかに静かなのは誰にでも体感できますねぇ。

最後発、スバルのハイブリッド。水平対向エンジンと4WDが加わったHVは安定して加速性能もよく、それでいて燃費もちょっとだけイイ。他社にはない動力性能を発揮してくれることをスバルには期待したいですね!

XVのハイブリッド

2012/07/10

次期フォレスターは現モデルよりもボディーが大型化されるということで、新型車種XVがその穴埋めをするとのこと。

スバルXVのハイブリッドが年内に発売されそうだという記事がある。スバル初のハイブリッドカーはXVとなる。価格は300万円を切るとの予想。

参考記事:自動車リサーチ「スバルXV

ハイブリッドで気になるのが、コスト。燃費がよいのはわかるが、維持費が高くついては本末転倒。走行時にCO2排出量が少ないというエコでもクルマ作りにはCO2をかなり吐いているはず。車の本体価格が高いうえに、バッテリー交換料金が高くつくのではないかとググってみた。

参考記事:

フォレスターのハイブリッド搭載が気になるところ。これからも関連するXVやインプレッサの動向も注視していきたい。

水平対向ハイブリッド搭載

2012/06/18

6月17日(日)、TBSの番組「がっちりマンデー」にスバルの社長 吉永泰之さんが出演したという。自分は見ていなかったが、自動車リサーチには書いてあり情報をGET。

それによると、インプレッサG4ハイブリッドは2013年初頭に発売するのではないかということ。1.6L+ターボ+ハイブリッド?気になるのはその燃費。次期フォレスターのエンジンも水平対向ハイブリッド搭載されるということで実車の登場が待ち遠しくもある。今日(6月18日)よりイスバルXVの事前告知サイトがオープンしている。

スバルBRZ/トヨタ86の納期、生産状況についても報告。どうやら売れていて納車が押している模様。

次期フォレスターといえば、2012年夏頃のデビューということで当初はアナウンスされていたが、年末までずれ込む。そしてSHフォレスターはすでに生産調整に入っているということでクチコミ掲示板等に書かれていて、次期モデル発売半年前に生産調整とはずいぶん早い。インプレッサの販売好調さが伺える。

自動車リサーチ:

SH5フォレスター、リコール

2012/06/15

2012年6月7日付けでスバルがリコール情報を出している。フォレスターのSH5も出ていて、自分のクルマも対象車種。SH5の製作期間が平成20年(2008年)5月22日~平成20年11月6日ということなのでA型。B型やSHJでC型以降のフォレスターには関係ないと思われる。

リコール内容はウォーターポンプにおいてベアリングの隙間が原因でそのまま使い続けると、タイミングベルトが破損し最悪の場合はエンジン停止して再始動できなくなるということ。自分のところにはディーラーからリコール案内のハガキが届いている。それによると、作業時間は3時間と書いてある。

ディーラーから届いたハガキ

ディーラーから届いたハガキ

リコール情報

リコール情報

他にSH5フォレスターA型と同時期に製造していたレガシー、インプレッサ、エクシーガも一部の車両はリコールに該当。詳しくはリコール情報まで。

関連記事:富士重工業リコール情報

新型インプレッサ、11月30日に登場

2011/10/20

スバルニュースより、新型インプレッサ(IMPREZA)の発売日を11月30日とすると発表があった。プレオープンしたサイトもあり、上半身とシルエットが見ることができる。5ドアを「スポーツ」とし、4ドアを「G4」とつけることを発表。以前より新型インプレッサはアイサイトとアイドリングストップを搭載するとされている。

関連リンク:スバル プレスリリースプレサイトResponse

特別仕様車2.0X S-style

2011/10/19

スバルニュースより、10月18日、SHフォレスターに特別仕様車「2.0X S-style」が登場。すでにTV CMでも宣伝している。

最下級グレードXをベースに・・・アルミホイール、HIDロービームランプ(ポップアップ式ウォッシャー付)、フォグランプ(フロント)、クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー)、ルーフスポイラー、UVカット機能付濃色ガラス(後方3面の窓ガラス)、マフラーカッターを装備し、お買い得感をつけた仕様。エコカー減税(環境対応車普及促進税制)の対象車。

関連リンク:スバル プレスリリースResponseCarviewwebCG

アルミホイール
HIDロービームランプ[ポップアップ式ウォッシャー付]
フロントフォグランプ
クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー)
ルーフスポイラー
UVカット機能付濃色ガラス(リヤドア・リヤクオーター・リヤゲート)
マフラーカッター(Ф90×75ツインアルミホイール
HIDロービームランプ[ポップアップ式ウォッシャー付]
フロントフォグランプ
クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー)
ルーフスポイラー
UVカット機能付濃色ガラス(リヤドア・リヤクオーター・リヤゲート)
マフラーカッター(Ф90×75ツイン

レガシーにHV(ハイブリッド)登場

2011/10/02

どうやらレガシーにハイブリッドが出る模様。

「今年2011年12月から開催される東京モーターショーへコンセプトモデルとして、レガシィハイブリッドが出展される」と先月(9月)24日に記事が出ている。現行型ではHVのシステムを積むスペースがないということで、フルモデルチェンジが必須のようだ。2015年デビューというのが濃厚と書かれている。

関連記事:自動車リサーチ

新型スバル・インプレッサを世界初公開

2011/04/21

4代目となる新型インプレッサが20日、ニューヨークショーで初公開となった。

ボディサイズはこれまでとほぼ変わらないサイズ。室内が広くなったようだ。新世代ボクサーエンジンやリニアトロニックCVTも投入。エンジンはSHフォレスターC型で採用された新型ボクサーエンジンとCVTの組み合わせ。5MTも選択できるようで、スバリストにはうれしい設定。日本仕様のインプレッサにアイサイトが搭載されるかどうかは現時点では不明。インプレッサはフォレスターのベース車両となっているだけに、次期モデルを占うことになるのでフォレスターのファンにとって少し気になるところ。詳しくは下記リンクをご覧いただきたい。

インプッサ新型の表情

2011/04/11

MSN自動車に20日に開幕するニューヨークモーターショーで新型インプレッサの写真があります。

記事によると、グリルとヘッドランプのデザインが大きく変更、新世代ボクサーエンジン搭載しているという。おそらくSHフォレスターC型に搭載されているFB型ボクサーエンジンを積んでいるのではないかと思われる。ニューヨークモーターショーが20日より開催されるということなので、実際にお目にかかる日を待って詳細を知りたい。

インプレッサ、新型を出品

2011/04/07

MSN自動車にニューヨークで開催される2011年ニューヨーク国際自動車ショーへスバル新型インプレッサを出品の記事があります。インプレッサの新型モデルは4年ぶり。フォレスターのベ-ス車両となっているインプレッサだけに、次期型フォレスターが気になる人は注目したいところ。

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー