楽天トラベル株式会社

カレンダー
2017年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘インプレッサ’ タグのついている投稿

SJフォレスターC型

2014/11/30

11月25日、SJフォレスターがマイナーチェンジ。C型となりました。

同じ日にインプレッサとXVもマイナーチェンジしているようです。

(続きを読む…)

SH5フォレスター、リコール

2012/06/15

2012年6月7日付けでスバルがリコール情報を出している。フォレスターのSH5も出ていて、自分のクルマも対象車種。SH5の製作期間が平成20年(2008年)5月22日~平成20年11月6日ということなのでA型。B型やSHJでC型以降のフォレスターには関係ないと思われる。

リコール内容はウォーターポンプにおいてベアリングの隙間が原因でそのまま使い続けると、タイミングベルトが破損し最悪の場合はエンジン停止して再始動できなくなるということ。自分のところにはディーラーからリコール案内のハガキが届いている。それによると、作業時間は3時間と書いてある。

ディーラーから届いたハガキ

ディーラーから届いたハガキ

リコール情報

リコール情報

他にSH5フォレスターA型と同時期に製造していたレガシー、インプレッサ、エクシーガも一部の車両はリコールに該当。詳しくはリコール情報まで。

関連記事:富士重工業リコール情報

新型インプレッサ

2011/12/27

今月はSHフォレスターの6ヶ月点検。先週デーラーへ行ってみると、新型インプレッサが展示してあったので、少しだけ見てきました。
ハッチバックのSPORTが1.6L、セダンのG4が2Lを展示。
まずは眺め。スタイリッシュなエクステリア。営業マンに聞くと、ボディーサイズは前モデルより変わっていないとということでした。

そして車室内。先に後部座席へ乗って見ました。SHフォレスターと比べると足元が少々狭い。ボディーサイズがSHフォレスターよりもひとまわり小さいのだから仕方ない。でも困るくらいの狭さではなく、こんなもんでしょといったところです。
次にコックピットへ。前モデルも運転席したことがありますが、インパネからシフトノブにかけて高さがあって窮屈さを感じる。このへんはTOYOTA色が入っているのかプリウス的な感じを受けます。
メーターは2連でリング状。2連メーターに挟まれて真ん中に上からギアシフト表示、オドメーター、一番下に燃料計。MITSUBISHIアウトランダーに近くなっているような感じを受けた。インパネ周りはスバルらしさがないように思えました。
ダッシュボード中央にインフォメーションメーター。これは前モデルと同じですね。取り付け位置が奥まっている感じを受けましたが、大型化されていてLED表示だったのが液晶表示へとなっていて、とても見やすそうなディスプレイになってました。

フロントノーズは見切りがよく運転しやすそうで、スバルらしさが出ていました。
 
営業マン「街中を中心に走行されるお客様は1.6Lを、山道や雪道を走行されるお客様は2Lを選ばれることが多いですね」とのこと。
時間がなかったので試乗はしなかったけど、たぶん1.6Lは非力なんだろうなと感じ取れました。
 
簡単なレポートでした。

新型インプレッサ、11月30日に登場

2011/10/20

スバルニュースより、新型インプレッサ(IMPREZA)の発売日を11月30日とすると発表があった。プレオープンしたサイトもあり、上半身とシルエットが見ることができる。5ドアを「スポーツ」とし、4ドアを「G4」とつけることを発表。以前より新型インプレッサはアイサイトとアイドリングストップを搭載するとされている。

関連リンク:スバル プレスリリースプレサイトResponse

これからの予想、フォレスター

2011/09/15

今年の改変は先月(8月)にボディー色の変更など本当に細かな改変で「言われなきゃわからない」程度。D型と言えるかどうか。SHフォレスターC型がビッグマイナーチェンジしたので、これ以上やるとフルモデルテェンジになってしまう…ということなのか。自分勝手な予測…来年(2012年の後半?)にフルモデルチェンジ?初代SF、2代目SGときて、3代目の現在SH型、その次なので今度はSIフォレスター?

現行モデルの3代目インプレッサが登場したのは2007年6月で、今年(2011年)秋にフルモデルチェンジされるといわれる。4年後にフルモデルチェンジということなので、フォレスターもそうではないかと。2007年12月、現行モデルSHフォレスター登場したので(実質2008年1月)、4年後の2012年後半~2013年のフルモデルチェンジ?と勝手に予測。

Responseで富士重工業の吉永泰之社長は、秋(11月頃?)に発売する新型インプレッサにはアイサイトを搭載すると語っている。

海外で発売の新型インプレッサのクロスオーバー「XV」、2013年に発売予定の水平対向ハイブリッド車(HV)と続くとも語っている。HVがTOYOTAプリウスと同等のHV専用車種になるのか、HONDAフィットと同じように通常のガソリンエンジンと共通車種なのかは書かれていない。自分的にはフォレスターへHVを積んでほしい気がする。いや、ぜひ積んでほしいという希望を持っている。共通車種ならレガシーへまず最初に搭載されるような気がしてならない。

さらに…インプレッサから派生したスバルXVの新型もフランクフルトモーターショー11で初公開。XVはインプレッサをベースにSUV化したクルマ。コンパクトなボディーなので、フォレスターが大きすぎるという人にはピッタリなクルマだと思う。内容は新世代ボクサーエンジンを搭載、新開発リニアトロニック(CVT)の採用と共に、新開発のオートスタートストップ機能(いわゆるアイドリングストップ)を搭載し燃費を向上したという。

フォレスターはインプレッサをベースにされているので、動向が少々気になるところ。いずれにせよ、これからのスバルに注目。

関連リンク:アイサイトのレビュー

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー