チューリッヒ保険
ネット割引最大7,000円【チューリッヒの自動車保険】

カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

購入前試乗記

購入前にはいろんなサイトや雑誌で調べたりした。実際にスバルへ足を運んで試乗。最初に乗ったのはSHフォレスターXSの4AT。自分が乗っていた1996年式の初代RAV4よりの比較をご紹介します。

SHフォレスターは1996年式RAV4よりボディが大きく、取り回しには気を使わないといけなかったが、すぐに馴れた。フロントノーズは見切りもよく、運転はしやすかった。ただ、車幅が1700mmを超える3ナンバーワイドボディなので車幅の感覚には気をつけないといけなかった。ハンドルは本革巻きステアリング。握りっぷしもよく手になじむ。運転席も後部席も広い。エンジン音も静か。同じスピードでもエンジン回転数はあまり上がってないようだ。

後日にターボ付きXTの5MT(5速マニュアルミッション)と、自然吸気XSの5MT(5速マニュアルミッション)を試乗。最初にXTを試乗したのだが…RAV4はワイヤー式クラッチに対し、フォレスターは油圧クラッチ。それに馴れずエンストを数回。クラッチミートがわりと早めで、その感覚に馴れなかった。SIドライブのモードは始めインテリジェンス。XSよりも少しだけパワーが盛り上がったような感覚。Sにすると加速感が増す。S#にすると、ここはターボ全開っていう感じだった。しかし…ターボの象徴であるボンネットフードについている空冷インタークーラーのエアインテークが必要以上に突き出ていて邪魔、XSよりもフロントノーズの見切りが悪くなっている。せっかくフロントノーズが見切りのいいSH5フォレスターなのに、それをスポイルしているのは非常に残念。

XSの5MT(5速マニュアルミッション)に乗り換えた。これがイチバン試乗したかったグレード。相変わらずエンストを数回。なので、アクセルを少しだけ深く踏み込むようにすると、エンストも少なくなった。フツーに発信して、ギアをロー、2速3速4速と上げていく…エンジン音はRAV4に比べてとても静か。RAV4は60kmで4速に入れてもすでに3000回転まで上がっている。初代RAV4はエンジンルームとロードノイズの遮音もキチンとされていなく、車内はかなりノイジー。それに比べSHフォレスターはそのへんはキチンとされており、今100km/hで走っても十分に車内で会話ができる。シートの座面の位置はフォレスターのほうが低い。至ってセダンライクだ。かといって、セダンのように乗る時には腰を沈めるような感覚はないし、降りるのにも足に力をいれて立ち上がるような感覚はない。コストダウンのため、インパネ周りはGHインプレッサと同じに仕上げられてる。運転席周りに小物入れが少ないのは初代RAV4も同じだった。それを求めてなかったので、気にはならない。質感を求めるのならフォレスターではなく、レガシーを選んだほうがよいと思う。

自分の購入後インプレッションはブログのタグ「購入後レポート」まで。

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー