じゃらんnet

カレンダー
2018年8月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

これからの予想、フォレスター

今年の改変は先月(8月)にボディー色の変更など本当に細かな改変で「言われなきゃわからない」程度。D型と言えるかどうか。SHフォレスターC型がビッグマイナーチェンジしたので、これ以上やるとフルモデルテェンジになってしまう…ということなのか。自分勝手な予測…来年(2012年の後半?)にフルモデルチェンジ?初代SF、2代目SGときて、3代目の現在SH型、その次なので今度はSIフォレスター?

現行モデルの3代目インプレッサが登場したのは2007年6月で、今年(2011年)秋にフルモデルチェンジされるといわれる。4年後にフルモデルチェンジということなので、フォレスターもそうではないかと。2007年12月、現行モデルSHフォレスター登場したので(実質2008年1月)、4年後の2012年後半~2013年のフルモデルチェンジ?と勝手に予測。

Responseで富士重工業の吉永泰之社長は、秋(11月頃?)に発売する新型インプレッサにはアイサイトを搭載すると語っている。

海外で発売の新型インプレッサのクロスオーバー「XV」、2013年に発売予定の水平対向ハイブリッド車(HV)と続くとも語っている。HVがTOYOTAプリウスと同等のHV専用車種になるのか、HONDAフィットと同じように通常のガソリンエンジンと共通車種なのかは書かれていない。自分的にはフォレスターへHVを積んでほしい気がする。いや、ぜひ積んでほしいという希望を持っている。共通車種ならレガシーへまず最初に搭載されるような気がしてならない。

さらに…インプレッサから派生したスバルXVの新型もフランクフルトモーターショー11で初公開。XVはインプレッサをベースにSUV化したクルマ。コンパクトなボディーなので、フォレスターが大きすぎるという人にはピッタリなクルマだと思う。内容は新世代ボクサーエンジンを搭載、新開発リニアトロニック(CVT)の採用と共に、新開発のオートスタートストップ機能(いわゆるアイドリングストップ)を搭載し燃費を向上したという。

フォレスターはインプレッサをベースにされているので、動向が少々気になるところ。いずれにせよ、これからのスバルに注目。

関連リンク:アイサイトのレビュー

タグ: , ,

コメント / トラックバック 1 件

  1. しんさん より:

    トモさん、皆さんこんにちは、新参者の「しん」でございます。
    D型っていうらしいですね現在販売のフォレスター、カタログも見ましたがカラー違いすら気づきませんでした。
    震災直後の納車からやっと半年です、人生10台目のクルマですが、スタイル、特に顔つきが気にいってるクルマは、長く乗れる傾向が自分にはあるようです。それがダメだと1年半ぐらいで、サヨナラだったりしたクルマもありました。
    そういった意味で、このフォレスターは長く乗りそうです、さすがにアイサイトはOPにもないので無理でしたが、安全装備はフルで快適装備もほぼフル装備なので満足度は高レベルです。前車(クワトロのV6)も10数年乗ってしまいましたが、やはり顔つきが好きでした。
    まぁ余談ですがスバルからアウディは結構いるみたいですが、その逆は初めてだったとか(担当セールスさんの場合)、次期型フォレスターってどんな感じなのか気にはなりますが、現状にけっこう満足しているのでたぶん大丈夫だと思います、公開されているインプの顔もイマイチ乗り気にはなれない保守的なワタシです。

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー