221616.com【ガリバー】

カレンダー
2017年10月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

軽快なハンドリング

試乗の時や購入したあとで乗ってみてハンドリングについて感じることをここで書きたい。

SHフォレスターのXとXSは電動パワーステアリング搭載。もちろんXTの油圧パワーステリング(試乗した時に確認)も悪くはない。電動にすることによって若干、燃費がよくなるので、各メーカーともこぞって電動を採用している。電動といえば以前は小型車の特権。当時はフィーリングもあまりよくなかった車種もあった。

SHフォレスター XSの電動パワーステアリング。運転していてもかなり心地いい。電動とは感じさせないくらいフィーリングもよい。街中の曲がり角、ワインディング。本当に軽快である。スバルのクルマを買ってよかった思えるひとときになっていく。

余談だが、イチバン最初に購入したミラは電動パワーステアリンングが切れるか切れないかのビミョーな速度(40km/h)付近では急にハンドリングが重くなったり軽くなったりしていた。

SHフォレスター XSの電動パワステの唯一の欠点といえば・・・駐車する時、超低速で切っていく時にある。バックギアでもローギアでも…ゆっくりハンドルを切っていくと、自分が意図しないくらいハンドルが勝手に切れ込んでいくような感じを受けて、切れすぎないよう止めるシーンがある。切れすぎを止めるとはいっても、グッとチカラを入れてハンドルを止めるのではなく、軽く手を添える程度。それは不都合な症状でなく車種の特性で許容範囲。「おいおいどこまで勝手にハンドルが切れるんだ?」と最初は戸惑った。それだけハンドルが軽快である証拠なのかもしれない。XSは本革巻きステアリングとあいまって握りっぷしもよく、手に馴染みやすいので快適なハンドリング操作を行うことができる。

高速道路ではその軽快さが逆に仇になるシーンも。軽すぎて不安定になってしまうこともある…というようなXとXSの電動パワーステアリング。いずれも許容範囲で「慣れ」が解決してくれることでしょう。。。

そして・・・当ブログのコメントにもある…自分のSHフォレスターA型XS(5MT)にはそんな症状はないのだが、「長距離・長時間走らせているとハンドリングが重くなる&遊びがなくなる」という症状があるとのこと。その不都合な症状を訴える人はお二人いる。他にもそういう症状がある人がいるのではないか。ハンドリングについて、不都合な症状がある人はどんな症状か、この記事のコメント欄に書き込んでいただきたいと思います。みんなで情報を共有していきましょう。

タグ: , , ,

コメント / トラックバック 5 件

  1. 埼玉のA型XS乗り より:

    トモさん

    フォローありがとうございます。

    先週片道45km1時間の距離を走ったのですが、
    行き30分、インターバル3時間、帰り20分で症状が出ました。

    通勤でも片道8km20分の距離を使用しておりますが、
    行きも帰りも症状が出ていません。

    なかなか時間を作れずディーラーには持ち込めておりませんが、
    後日持ち込んだ際にはその内容もコメントさせて頂きたいと思います。

  2. 伊藤 敦夫 より:

    本日、ディーラーの担当者の方から連絡がありました。一度アライメントを点検するようメーカーのほうから指示があったようです。ということで、近々入庫することになりました。

    ただ、最近、涼しくなってからは症状が出ていません。
    点検してもらえるのはありがたいのですが、この状況でアライメントを調整してもらっても、即、結果がわからないのがもどかしいです。

    この問題さえなければ、本当にフォレスターはよい車だと思います。

    症状が出てない時は、しごく軽快で、快適にドライブしています。
    たしかにパワフルとは言えませんが、ちょっとやんちゃしてワインディングを楽しんでも気持ちよくコーナーをトレースしてくれますし、一見柔らかそうなサスペンションも、結構しっかりしていて、大きなロールもなくレールの上を走ってるようにコーナリングします。

    パワーの方も、人によって感じるところは違いますが、私には日常使用で十分で、大変楽しく乗っています。

    ステアリングの問題、解決するとよいのですが。

    アライメント調整後、なにか変化があれば報告します。

  3. 埼玉のA型XS乗り より:

    mixiの「スバル フォレスター SH5」コミュ「こんな故障がありました」トピにも同様の症状と思われる方がいらっしゃいました。

    徐々に件数が増えていきそうですね。

    伊藤さんのコメントによるとメーカーも動き出したのでしょうか。
    アライメント調整でキャスター角やトーインを大きくとりEPSへの負担を軽減させるつもりでしょうか。
    純正仕様の数値、調整前の数値、調整後の数値が気になるところですね。
    また、涼しくなってから出ないと言うことはやはり発熱による影響が大きいかもしれませんね。

    私も症状が出ていない時は軽快さを楽しんでいます。
    特にライントレース感に関してはなかなかのものかと。
    少々ノーズが入りすぎる癖やEPSでステアリングインフォメーションを消している感覚に慣れを必要としますが。
    ステアリングインフォメーションを消しているおかげであの独特のトレース感と安定感も生まれるのですが、逆にいざタイヤのキャパを超えたら、またそのギリギリのラインではどんな動きになるのか、いまいち読みきれない怖さがありますね。

  4. 埼玉のA型XS乗り より:

    ディーラーに持ち込んでみました。

    初日
    症状が出ていない状態で持ち込む。
    CAN通信でパワステがアシストしていない時間があったことが確認される。
    しかしその日は実走確認していないため、症状は確認できず。

    一週間ほど預け本日引き取り。
    症状は確認できたが原因は究明できないとのこと。
    今回はメモリーをリセットし返却。

    今後の対応としてはメーカーも交えての対応になるとかで、後日また預からしてほしいと。
    メーカーでもまだ原因究明できていないんでしょうね。

    参考までに何件くらい同じ症状が報告されているか尋ねると、多くは無いが何件かある、との回答。
    早く原因を究明して恒久対策で対応して頂きたいですね。

  5. 埼玉のA型XS乗り より:

    ご無沙汰しております。

    先週から再度車両を預け本日戻って参りました。
    メーカーの品証含め確認して頂いた様です。
    結論から言うと「原因の特定は出来ていない」とのこと。

    最近は涼しくなった為か、長距離を走っても症状はたまに出るがすぐに収まる様な状況でした。
    その為か、ディーラーでの試走でも症状は確認出来なかったとのこと。
    (TRIP確認で220km走ってました)

    私の車両の症状と似たような症状でステアリングが重くなるとの情報があると。
    それに関しても「原因の特定は出来ていない」としながらも、
    「ラックとモーターが一体で、エンジンの後ろに位置しマフラーもありモーターからの熱もある。EPSのウォームギアの熱膨張でクリアランスが少なくなり抵抗になっているのではないか」と。
    そして「同じ症状ではないが同じ部分の問題ではないか」と。

    私の車両をリフトであげて、タイヤが接地していない状態のステアリングの重さを計測したら比較車両と比べて重かったらしい。

    ということで、今回は部品メーカーで生産公差の中からバックラッシの多い組み合わせで組立たステアリングラックをASSYで交換してくれました。
    今後もしっかりフォローするので、とりあえずこれで様子を見てほしいとのこと。

    帰り道のインプレッションとしては、
    ①確かにステアリングが軽くなってる。
    ②直進安定性が良くなってる。
    ③いっぱいに切った時の逆関節っぽい感じがなくなってる。
     (今回の不具合としてはあげていない)

    :個人的な意見:
    ①に関してはギアのフリクションが少なくなった為と考えられるが、
    ②③に関してはトーインを強くした印象。

    ラックがエンジンの後ろでマフラーの近くにあるのは他メーカーの車両もほとんどが同じだ。(一部異なる車両もある)
    熱が原因なら熱対策が不十分としか言いようがない。
    そしてバックラッシの問題とするならば設計時の公差指定か生産公差に問題がある事になる。
    メーカーよっ!原因と特定と恒久対策を早くせいっ!

    下記は今回仕入れた情報
    ・同じ様な症例は全国で数件、東京スバル内で私を含め2件。
    ・原因はウォームギアと思われる(メーカー談らしいが原因は特定出来ていない)
    ・A型はカヤバ製ラック。B型以降はメーカーが違うらしい。
     ※注意:メーカーが異なるのは今回の不具合とは直接関係は無い。
    ・同一ラックを使用しているのはエクシーガ。

    下記は同じ不具合でディーラーに預ける際の注意点
    ・ディーラーはメーカーではない事をちゃんと認識する。
     (本件に関してはディーラーが悪い訳ではなく窓口なだけ)
    ・預ける前に保障の対象であることフロントに確認する。
     (保障対象であれば無償修理になる)
    ・具体的に症状を説明してちゃんと試走もらう。
    ・試走で走行距離が伸びることは覚悟して預ける。
    ・TRIPをリセットし、ちゃんと試走しているか確認する。
     (メカがちゃんと状況を把握できないと直しようがない為)
     (メカの勘で関係ない部品を交換→結果直ってない とならない為に)
    ↓以下はおまけ↓
    ・満タンで預け、満タンで返してもらう。
     (預ける際に約束し、返却時に確認しましょう)
    ・代車が必要な場合、代車の車両保険は別費用が発生するかもしれない。
     その場合、保障内であれば費用は負担してもらうよう交渉する。
    ・代車は事前に交渉し、同等クラスの物を用意させよう。
     今回は危うくサンバーを渡させそうになりました(笑)

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー