チューリッヒ保険
ネット割引最大7,000円【チューリッヒの自動車保険】

カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

SJフォレスター試乗記

今日は6カ月点検へ行ってきました。待ち時間に新型SJフォレスターを試乗させてもらいました。自分の愛車SHフォレスターA型との比較が主になりますが、レポートをお届けします。

乗ったのはSJフォレスターのアイサイト付き2.0i-L EyeSight。間近で見ると、たしかにボディーサイズがひと回り大きくなってるとすぐに感じた。

SJフォレスター

SJフォレスター

まずドアを開けると、SHフォレスターよりも少し重くなっている。乗りこんでみると、運転席の着座位置が高くなっていることに気付く。このへんは初代RAV4の感覚と同じではなかろうかと。着座位置が高めになったことは、より本格SUVへコンセプトを向かっているのでしょう。

エンジンをかけてみる。プッシュスタートなので、押せばすぐにかかる。ラクチン。ハンドルの握りっぷしはSHフォレスター同様に良好。シフトレバーをDレンジへ入れて出発。トルコンATに見られるシフトショックもなし。営業所を出て、カーブ。すぐに感じたことがある。ハンドリングがSHフォレスターよりも軽快感がなくなったこと。ハンドリングがどっしりとした重みを感じた。ロールはSHフォレスターよりも少なめな感じ。SHフォレスターには付いている左フェンダー補助ミラーはSJフォレスターには付いてない。左ドアミラーに小さな補助ミラーがふたつ付いているが、これはほとんど役に立たない。法律上 付けないといけないが、実用性では無意味。ついている着座位置が高くなったせいか、ボンネットの見切りがさらによくなった印象を受ける。

CVTは良好でシフトショックもなく、スムース。CVTにありがちなアクセルを踏みすぎになることもなかった。少し時間がたつと、何やら「ピピッ」と音が。営業マンいわく「アイサイトの車線はみ出し警告音です」と。車線をはみ出したわけではないが、スピードを出しすぎないように二重線が引いてあり、少しだけ中心を外れたのでそれに反応したみたい。

信号待ちで、インフォメーションメーターをじっくり見てみた。パッと見た目にディスプレイは大きすぎず、小さすぎずでちょうどよい。左から外気温計、燃費、時計。ECOゲージの表示モードだということ。SHフォレスターよりもかなり質感は上がっている。インパネはエアコン吹き出し口が上でカーナビ取り付け位置が下になっており、SH型とは逆。自分は細缶のコーヒーを良く飲むのでエアコン吹き出し口にカップホルダーを付けている。SJ型の構造だとエアコン吹き出し口にカップホルダーを取り付けにくい。カーナビをチラ見する時の目線移動も若干下にしなければならないはずなので、なぜ下にもっていったのか わからない。

また信号待ちで、フロントガラスの近くでダッシュボードの左右にはスピーカーのような穴を見かけた。営業マンに聞けばやっぱりそうだった。もちろん左右のフロントのドア、リアのドアにも完備。最初から6スピーカー。オーディオ好きにはたまらない装備かも。

小高い山を登った道にさしかかり、アクセルを踏み込んだが少しかったるい。なので、ハンドル右にあるSモードへ入れると、3000回転以上になって高回転をキープ。走りやすくなった。

今度は下り坂。わざとアクセルを離してエンジンブレーキを試す。コンピュータ制御が効いているのか、頻繁にフットブレーキをかけることはなく、適度にエンジンブレーキがかかって、このへんも良好。

今度はDレンジからスポーツモードへ入れてみた。ハンドルにパドルシフトが付いており、左がマイナス、右がプラス。UPチェンジしていき、軽快にシフトアップ。MTのような爽快感がある。

あとは普通に運転し、営業所へ帰還。止まった後に運転席スイッチ類を見ると、ドアにあるドアロックスイッチの上にドアミラー格納スイッチが付いている。SHフォレスターは運転席の右インパネに付いており、夜だと暗くてスイッチの位置が見にくくどこにあるかわかりづらいので(手探りでもわかりづらい)、ルームランプを付けて確認することもあったけど、これならその必要ないだろうなと。後部座席も確認してみた。SHフォレスターと同様、広い。

降りてタイヤを見てみると、装着タイヤはブリヂストンDUELER H/L 400。たぶんオールシーズンタイヤ。

総評。ハンドルの軽快感が薄いのは本格SUVへ進化ととらえれば、どっしりとした安定感があると言える。乗り心地は新型SJフォレスターよりも自分の乗っているSHフォレスターA型のほうがよかった。レガシーDITターボ試乗でも同じようなことを書いたが、新型SJフォレスターはSHフォレスターよりもサスペンションがやわらかめで路面の入力に対して、肌で感じにくい。オフロードを走る時を意識したような設定になっているのではないかと思う。助手席のダッシュボ-ドが平行になっていて、湾曲しているSH型よりもSJ型は圧迫感を感じるが狭くなったわけではない。運転していると、ボンネットがまるでガンダム(笑)。運転席にいれば車幅が広くなっていること感じる。今回の試乗ではアイドリングストップが自動的にかかることはなかった。アイストの動作には諸条件があるとのことで、短い時間と距離では試すことはできなかった。スバルのアイドリングストップは他社よりも適用条件が厳しいらしい。X-MODEもそのようなオフロードの場面がなかったので、試すことができませんでした。営業マンによると、XTターボのアイサイトはアイドリングストップはついてないとのこと。よく考えるとあたりまえですね。アイサイトが付けられない6MTを選択する人はかなり少ないよう。

今日、実際に運転した距離は約10km。初めて試乗して改めて思ったことは、新型SJフォレスターが本格SUVへ進化したんだなと感じました。3代目SHフォレスターに乗っている自分にとっては特に理由がない限りわざわざ4代目SJフォレスターへ買い替えることはないなと思いました。なぜならSHフォレスターの軽快なハンドリングと5MTのシフトフィールが気に入っているので。速くも次のモデルに期待!2代目SGフォレスター以前に乗っている人は買い替える価値はあるかも。早くも5代目フォレスターに期待!

レポートは人それぞれの好みもあるので、あくまで参考までに。気になる人は是非、試乗することをおすすめします。

P.S.試乗して自分のSHフォレスターに乗って帰る時、少しホッとしました。

タグ: ,

コメントは受け付けていません。

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー