オートバックスドットコム

カレンダー
2012年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘2012/07’ カテゴリーのアーカイブ

能登半島1周#1

2012/07/29

昨年(2011年)8月4日(木)・5日(金)の二日間で能登半島へドライブがてら行ってきました。以前より能登半島(石川県)1周をしてみたかったので、次に長距離ドライブ行くなら能登と決めていた。

SHフォレスターで片道200km以上の長距離ドライブは2回目。北大阪(北摂)から金沢までは片道300kmない。でも能登半島を1周するにはその先が長い。

名神高速~米原JCT~北陸道~金沢東ICで降りた。昼間に走ってETC価格で5,000円を超えるくらい。

その後、石川県が管理する能登有料道路。ETCは使えない。都道府県が管理する有料道路はETCが使えないことが多い。料金所を通過ごとに通行料を支払っていく。全線通行一括料金もあるが、どこで降りるかは特に決めていなかったので、使わなかった。

19

能登有料道路の高松PAより

高松PA(パーキングエリア)からはこんな風景が見られる。砂浜があるが海水浴客も海の家も少なかった。おそらく近隣県「福井県」のほうが海水浴場としては有名なので、そっちへ流れているのではないかと思われる。なので、穴場と言える。

21

能登半島の一般道

対向車も少なく道幅も広めで、緩やかなカーブが時折りあるくらいの道はドライブにはうってつけ。こと森の住人を意味するAWDフォレスターなら、なおさら。ドライブしていてこんなに気持ちよかったのはクルマを運転するようになってからは初めて。

石川県の地図

石川県の地図

能登半島も被災地。

道

県道から見た日本海

時折り止って日本海を撮影してみた。地平線が見える。

県道から見た日本海

県道から見た日本海

珠洲岬から見た日本海

珠洲岬から見た日本海

少し上った道からの風景。

珠洲岬から見た日本海

遠くに見える奥能登の珠洲岬 最先端

珠洲岬へ上る前にある小さな漁港。

珠洲岬

珠洲岬から見下ろす日本海と空

ちょっとアングル悪かったかな。。。遠くに日本海が見える。

国定公園の看板

国定公園の看板

この近くにはパワースポットがあります。

奥能登を1周したので1日の走行距離は500km弱になっていたので、少々疲れた。

和倉温泉の花火大会を待つ観客

和倉温泉の花火大会を待つ観客

今回、泊まったお宿は「和倉温泉 花ごよみ」。ネットで1週間前に予約しても平日ということもあって、空きがあった。ここは源泉かけ流し。たまたま行った日の夜(8月4日)には和倉温泉の花火大会があった。それをフレンドリーな仲居さんから聞いた。毎年8月4日に花火大会は開催している模様。偶然とはいえ、花火を見ない利用はないので見に行った。女将さんが部屋に挨拶に来てくれた。自分でお風呂の温度を調節しなければいけなったけど、それが源泉かけ流しである証拠。玄関の横には温泉が流れているので確認ができる。お風呂場はそんなに広くないが必要にして十分。

夜のお料理は可なく不可もなく。お刺身を中心に和食。朝は一般の旅館らしい和食の朝食。夜朝の両方、お部屋の食事。部屋のトイレはちょっと狭め。TV、エアコン使い放題。TVは液晶TVで19インチくらいの小さめ画面。駐車場は地面が砂利だけど予約不要で無料。こんな感じで料金おひとりさま11000円。コストパーフォーマンスは最高だといえる。時期や季節、曜日によって料金はことなるので、あくまで参考までに。もっともサービスやお料理、入浴施設などの質を期待するなら有名な和倉温泉 加賀屋を選んだほうがよい。もちろん料金もそれなりにするはず。

運転の疲れを温泉で癒し、寝泊りするには十分な旅館であることをお伝えしておこう。

#2へ続く

次期新型フォレスター、写真流出?

2012/07/24

次期新型フォレスターについて、いろんな記述がある。近年ではネットでテスト車両の写真流出があったり。下記サイトにその写真がある。
Auto Week(オランダ語)
左ハンドルなので、海外でテストしていると思われる。

ボディーの大型化がアナウンスされているなか、写真ではそれほど大きくなったように思えない。

自動車リサーチによると、Aピラーが寝かされていて、三角窓で視界を確保。次期フォレスターはレガシーDITにも採用されたFA20型ターボエンジンもあるという。

BRレガシーDIT、試乗レポート

2012/07/15

前回にブログ記事「SHフォレスターリコール#2」で修理作業中に代車を借りていたんですが、TELで予約入れた時に「代車はレガシ-ワゴン」と聞いてましたので、てっきり今の前モデルBPレガシーツーリングワゴンだと勝手に思っておりました。実際にディーラへ行ってみると、BRレガシーツーリングワゴンだったので、急遽 試乗レポートをお届けします。

代車の写真

代車の写真

ターボの印、ボンネットにエアインテークがあります。

代車の写真2

代車の写真2

後ろから見ると、DITの文字が光ります。

営業マンが持ってきた代車。ボンネットにエアインテークが付いてたので、BR9の2.5Lスクロールターボだと思ってたら「DBA-BRG」でDIT。2Lの直噴ツインスクロールターボ(DIT)。おそらく代車が空いてなく1日だけだったので試乗車のDITを貸してくれたのだろうと。

早速、乗ってみました。

03

メーター

メーターはかなり進化を感じる。真ん中の上部には燃費補助。中央から右に振れると緑色の棒グラフでプラス(平均燃費より良い状態)、左に触れると黄色の棒グラフでマイナス(平均燃費より悪い状態)。当然のことながらアイドリング時にはいちばん左のマイナス。その下はギアのシフト状態、その左がSIドライブの状態を表示。写真は「I」なのでインテリジェントモード。エンジンが燃費寄りの状態。

ハンドルの写真

ハンドル

ハンドルにいろんなスイッチが付いていて慣れればどうってことなさそうだけど、初めて乗るクルマなら、ごちゃx2していて見苦しい。ハンドル左下についているスイッチが何かよくわからなかったです。

ハンドル右側のスイッチ類

ハンドル右側のスイッチ類

ヒルホールドスイッチも付いている。ONにした状態で上り坂でクルマを停車させた際には自動的にパーキングブレーキが作動。

シフトノブとエアコンのスイッチ

シフトノブとエアコンのスイッチ

エアコンのスイッチ類は使いやすい。シフトノブはC型以前と同じく短い。

シフトノブ下に付いている駐車ブレーキのスイッチ

シフトノブ下に付いている駐車ブレーキのスイッチ

C型以前はシフトノブ下にSIドライブのダイヤルスイッチが付いていたけど、ハンドル右側部分に移動。信号などで止らなければSIドライブの設定を変えにくかったはず。これで自由にどこでも変更できてドライブも楽しくなりそう。電動パーキングブレーキもC型以前はダッシュボード右に付いていた。パワ-ウインドウのスイッチと同じく手前に引くとブレーキがかかって、押すと解除。発進時は、アクセルを踏むだけでパーキングブレーキを解除。

運転席から見たボンネットの正面

運転席から見たボンネットの正面

見晴らしもよく、見切りもよい。SHフォレスターXTよりもターボのエアインテークはあまり気になりませんでした。

運転席から見たボンネットの左側

運転席から見たボンネットの左側

左側も同じ。見切りがよい。

肝心なドライブフィール。乗り心地は愛車SHフォレスターA型よりも固め。乗り心地は愛車のほうがよかったように思う。SHフォレスターはA~C型すべてサスペンションの設定が変えられているため、あくまで参考程度に。

エンジンフィールは・・・8割くらいはI(インテリジェンス)モードで走った。もちろんドッカンターボ的な感じではなく、3.5L自然吸気エンジンのような穏やかでスムースな加速。アクセルを一度ゆるめて再加速時、1500rpmくらいで少しもたつく感じがありました。それはエンジンのせいではなく、SIドライブをIモードに入れていたため。Sモードに入れると、それはなくなる。さらにS#モードに入れると、2500rpmからは怒涛の如く加速していく。CVTのリニアトロニックがかなりスムースで違和感まったくなし。

上記の写真のところでも書いたように、ボンネットの見切りはよかった。ボディーサイズ全長×全幅×全高(mm)4790×1780×1535のBRレガシーツーリングワゴン。4560×1780×1675のSHフォレスター。全長はSHフォレスターよりも230mm長いBRレガシーツーリングワゴン。自宅の駐車場に入れる時、(愛車でもギリギリなので)かなり気を使った。室内長×室内幅×室内高(mm)2190×1545×1230はレガシーツーリングワゴン、2000×1520×1290はフォレスター。車幅は変わらないのに室内幅が25mm長いだけなのに、かなり広々と感じたので、なぜか車幅まで広くなったように感じて、運転にまで気を使わないといけないように思った。

全体的な感想はSHフォレスターはBRレガシーツーリングワゴンは別物であり、インパネまわりも質感があり、車格は上(あたりまえか)。通勤が主な使い方の自分にはボディーが大きすぎるばかりか、DIT(2L直噴ツインスクロールターボ)はオーバースペック。

次期フォレスターがどこまで車体が大きくなるのか現時点では不明ですが、これ以上 全長が長くなれば少し考え物だなと思いました。でも自分はSHフォレスターが好きで、整備が終わって返ってきて運転して帰ってくる時、少しホっとする自分がいました。

XVのハイブリッド

2012/07/10

次期フォレスターは現モデルよりもボディーが大型化されるということで、新型車種XVがその穴埋めをするとのこと。

スバルXVのハイブリッドが年内に発売されそうだという記事がある。スバル初のハイブリッドカーはXVとなる。価格は300万円を切るとの予想。

参考記事:自動車リサーチ「スバルXV

ハイブリッドで気になるのが、コスト。燃費がよいのはわかるが、維持費が高くついては本末転倒。走行時にCO2排出量が少ないというエコでもクルマ作りにはCO2をかなり吐いているはず。車の本体価格が高いうえに、バッテリー交換料金が高くつくのではないかとググってみた。

参考記事:

フォレスターのハイブリッド搭載が気になるところ。これからも関連するXVやインプレッサの動向も注視していきたい。

SH5フォレスター、リコール#2

2012/07/05

今日、リコールの修理。ディーラーへは12ヶ月点検とともにリコールの修理も一緒にTELで事前予約。作業時間はほぼ丸1日かかるということだったので、代車も予約した。代車はレガシーツーリングワゴン。

朝一番(10時頃)に持っていくと、12ヶ月点検についての説明。自分が感じる不都合はなく、エンジンオイル交換とエレメント交換を依頼。

用事を済ませるためそのままショッピングへ。しばらくしてからディーラーからケータイへTELがあった。ヘッドライトの右側スモールランプが切れているので、交換してよいかどうかの問い合わせだったので、もちろんOKを出しておいた。最近は夜間にフォレスターに乗ることがなく、スモールランプが切れていることに気付かなかった。

17時頃、作業が終わったとの連絡が入ったので、愛車を取りに行った。点検パックに入っているので、12ヶ月点検(オイル付き)は追金なし。ランプ球の交換で661円支払った。

肝心のリコールの修理。これはウォーターポンプの交換ということだった。リコール修理後には運転席ドアを空けた部分に「自動車安全対策協議会」のシールが貼られた。

シール

参考:ブログ記事「SH5フォレスター、リコール

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー