チューリッヒ保険
ネット割引最大7,000円【チューリッヒの自動車保険】

カレンダー
2011年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘2011/01’ カテゴリーのアーカイブ

キチンと入らないノズル

2011/01/31

SHフォレスターA型の愛車へ給油する時いつも思うことがある。

最近のガソリンスタンドはセルフ式が多くなってきている。自分も安いセルフ式ガソリンスタンドを利用しているひとり。

エンジンを切り、給油口を開けるレバーを引いてガソリンを入れる…ここまではいいのだが、ガソリンを入れるノズルがフォレスターの給油口に最後まで入らない。それがその写真。

SHフォレスターへ給油している写真

SHフォレスターへ給油している写真

写真を見てもらえればわかると思うが、給油口に給油ノズルが最後まで入ってない。これで給油オートストップがかってくれるのか?という不安が最初はあった。でもオートストップはちゃんとかかってくれる。フォレスターに乗る前の愛車、初代RAV4はこんなことはなく給油ノズルはガッチリ最後まで入っていたので不安があるのも当たり前。

初めてフォレスターへ給油する時、何回もノズルを入れ直したりしたが、結果は同じ。しかたないので、そのまま給油したところ、給油オートストップはかかってくれた。これでオートストップがかかった状態で、かなり満タンになっていることが燃料メーターを見るとわかる。他の型のフォレスターはどういうふうになっているか知りたい。

人気の国産SUV徹底比較

2011/01/20

Autoc oneにタイトルどおりの記事があります。フォレスター(スバル)、エクストレイル(日産)、RVR(三菱自動車)の国産SUV3車の比較。レポートはモータージャーナリストでおなじみの岡本 幸一郎 氏。

フォレスターは新型ボクサーエンジンを積んだマイナーチェンジ後のSHフォレスターC型。やっぱりフォレスターのライバルはエクストレイル。

比較すると、イイところ悪いところも、いろんなところが見えてくる。メーカーがどんなに素晴らしいクルマを作っても、多かれ少なかれ不満が必ず出てくる。万人が完璧に満足するクルマは絶対に存在しない。使い勝手や使用目的などを考慮して選ぶのがよい。

ここは許せるけど、ここは我慢できない!っていうところがあると思うが、我慢できないところは妥協してはいけない。自分が乗っているSH5フォレスターA型にも不満はあるが、ある程度の短所もそれを理解して購入したのである。

どのレポート見てもフォレスターはライバルSUVの中で、いちばん乗用車ライクで低重心、ロールが少なめであり、後席が広くリーズナブル…と書かれている。現行型はさすがに「スーツの似合うSUV」として狙ったクルマなのである。逆にこれを否定するのであれば、購入してはいけない。リーズナブルなので、細かい使い勝手や質感などのことを気にするくらいならエクストレイルのほうがイイのではないかと思う。

いちばん詳しいインプレッションリポート、SHJフォレスター

2011/01/12

新型(FB型)ボクサーエンジン搭載、新型(SHJ型)フォレスターC型のかなり詳しいインプレッション・リポートがCar Watchに掲載されてます。リポートは今年(2011年)に入ってからでモータージャーナリストの岡本幸一郎さん。EJ型との比較やSUVの他車(日産エクストレイル)などとの比較を詳しく書いてくれてます。本職であるモータージャーナリストが書いてくれているだけあって、かなり参考になります。

自分はSH5フォレスターA型に乗っているので、C型に興味はあっても買い替えは一切考えていない。まだ発展途上にあると考えるからである。たしかにCVTやアイドリングストップの搭載、ターボエンジンもFB型へ変更の余地がありそう。またアイサイトや2.5Lエンジンの搭載があってもよい。今は5MTを乗っていても…自然吸気2.5Lエンジン、CVT、アイサイトが搭載された時、タイミングが合えば買い換えたいと思っている。それまでは様子見で観察していきたい。

年明けから

2011/01/03

2o11年に入ってかなり寒い。大阪でも雪がチラつくくらい。今後も寒い日が続くそうだ。

毎年、初詣に箕面市にある西国二十三番札所の勝尾寺へ行く。元旦の夜明け前、6時頃に着くように行って先にお参りし、御来光を7時すぎに見て帰るという、我が家では年中行事。

しかし今年は…大寒波が到来。クルマの車外気温計を見ると平地でも-1度。勝尾寺は山にあるため、ふもとで再び車外気温計へ目をやると、-3度。当然路面は凍結。道は雪がある。タイヤはフォレスター純正のオールシーズンタイヤのまんま。少々の雪なら耐えうるはずなのだが、ここまで降るとダメ。タイヤチェーンが必要な場面。でも準備なし。新車購入時の冬に買ってない。

初代RAV4に乗っていた時、カーメイトのQuick55というタイヤチェーンを使っていた。乗り心地もよく、装着しやすいことで非金属タイヤチェーンでは有名。現在は後継機種、バイアスロン クイックイージーが登場。これが狙い目ではないかと思う。SHフォレスターで、普通タイヤ装着なら215/65R16タイヤも225/55R17タイヤも対応製品の品番はQE14。今季はまだ寒い日が続くそうなので、急がないと品切れになるかな?

関連リンク:【最新型!即納!】人気No.1!非金属チェーン カーメイト BIATHLON Quick EASY QE14(ケータイ・パソコン対応)

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー