楽天トラベル株式会社

カレンダー
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ブログのキーワード検索
最近のコメント

‘ニュース(情報)’ カテゴリーのアーカイブ

新型XV

2017/04/13

2017年4月6日に発表された新型XV。自分も興味があります。

スバルのホームページや解説サイトでスペックや装備品などをCHECKしてみる。

いちばん気になるのはボティーサイズ。新型インプレッサでは全幅1780mmとなり、かなり大型化が指摘されてました。SHフォレスターと全幅は同じ。XVはナント!1800mm。これなはかなり大きいなと感じずにはいられません。

やっぱり買うとするならエンジンは2L。1.6Lはエントリーモデルなので、XVの性能を満喫できないと思います。せっかく乗るんだから2L。ねらい目グレードは2.0i- L EyeSight。

最小小回り半径も大きくなってxvは5.4m。SHフォレスターは5.3m。0.1m(10cm)とはいえ、前愛車の初代RAV4が5.4mでSHフォレスターへ乗り換えた時、その10cmが小回りが利くと感じました。特に駐車場へ入れる時ですね。

全長はSHフォレスターと比べ、少し短い程度。気にならないくらいかな。

その間でボディーサイズにこだわるのは通勤時狭い道路を通るからです。今のSHフォレスターでもギリギリという感じ。実際に右サイドミラーをぶつけられたことありましたし。今でもヒヤッとすることもあります。自分はブレーキかけてスピード落とすか、危ないと感じた時は完全に停止しますが、対向車は突っ込んでくることも多いもんで。

日本ではあまり売れないもんだから、北米で攻勢をかける戦略車との位置づけではないかと。クルマも日本のことを考えてないメーカーが増えてきました。これでは若者がクルマに買わないのが加速しそうです。

同じリコール??

2016/11/25

今日2016年(平成28年)11月25日付けでスバルよりSHフォレスターのリコールが出ております。他にもレガシィ、エクシーガ、インプレッサと対象車両が多くなっているようです。

クルマ関係のサイトを見ると、「ウォーターポンプの不都合」という内容で、あれ?それってたしか2012年6月7日付けで出ていたものと同じリコール?と思いました。
(続きを読む…)

SJフォレスターC型

2014/11/30

11月25日、SJフォレスターがマイナーチェンジ。C型となりました。

同じ日にインプレッサとXVもマイナーチェンジしているようです。

(続きを読む…)

生産停止中

2014/10/27

SJフォレスターも(この時点で)2012年11月にデビューして早2年。

SJフォレスターB型が生産調整中ということみたいですね。公式HPを見ると「在庫対応」となっている。

(続きを読む…)

レヴォーグの試乗レポートHP

2014/02/01

今はまだ発売されていなくて予約受付中の新型車種LEVORG(レボーク)。プロトタイプのレボーグに試乗したレポートHPがあります。

CarviewオートックワンrealPLAY

自分も次のクルマはレボーグかインプレッサ、XVが候補なので、やっぱり気になりますね。

スバルとトヨタの共同開発、水平対向ハイブリッドエンジン

2013/11/13

次期フォレスター向けの水平対向ハイブリッドエンジンはスバルとトヨタの共同開発ということのよう。

自分はあまりクルマを頻繁に乗り変えないほうなので、新車よりSHフォレスターA型が5年たちましたが、予定ではあと5年くらいは乗ろうかと思っております。

SJフォレスターの次期型は今のボディーよりもうひとまわり大きくなるのではなかろうかと思っており、日本の道路でこれ以上の大きさは乗りにくい。

かといってXVは荷室が狭いので、選択する車種からは外れる。初代RAV4で荷室が狭かったために苦労したというのがその理由で。

自分はインプレッサーベースのツーリングワゴン「新型レヴォーグ」が狙い目。2014年発売予定で次世代アイサイトを採用、1.6Lと2.0LのDITターボ搭載予定とのこと。

参照元記事:自動車リサーチ

スバル レヴォーグのスペシャルサイト

EconomicNews

SJフォレスター、B型

2013/11/01

スバルは2013年10月29日、SJフォレスターを一部改良、B型を発表。

内容はオプションだった装備を標準化、ボディーカラーの追加など。

詳しくはスバルの更新情報まで。

水平対向エンジン+4WDのHV

2013/04/24

スバルの気になる動向や記事もご紹介していきたいと思います。

東洋経済ONLINEにはタイトルのような記事があります。

HVは燃費性能だけが重視されがちですが、モーターのスムースな加速性能に利点。モーターだけで走る電車は加速もスムースだし、モーター音もエンジン音に比べればはるかに静かなのは誰にでも体感できますねぇ。

最後発、スバルのハイブリッド。水平対向エンジンと4WDが加わったHVは安定して加速性能もよく、それでいて燃費もちょっとだけイイ。他社にはない動力性能を発揮してくれることをスバルには期待したいですね!

スバル、ハイブリッドシステムの概要

2013/04/19

green carviewにスバル、ハイブリッドシステムの概要が書かれてます。搭載車種はXV。日本での発売は初夏(ということは6月?)のよう。フォレスターに搭載も期待したいですね。

諸費用込み300万円の国産SUV

2013/04/18

all aboutにタイトルどおりの記事が出てますねぇ。いきなりフォレスター登場。他にもマツダCX-5、ホンダCR-X、三菱アウトランダー。でも300万円ともなると、けっこうなお値段。20代の若者が買わないカテゴリーになるわけです。実質的に2L以上のSUV購入者層は40~50代が多いようです。

最近のSUVは大型化しすぎているような気がします。新感覚の日産ジュークが売れるのはやっぱり価格でしょう。ファミリー層でもない20代はそれなりに取り回しのよいクルマでよいのだから。自分が今20代ならおそらく三菱RVRの4WDを買っているのではないかと。

スバルさん、20代でも買いやすい価格帯のコンパクトSUVを作って!

STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...

SHフォレスター用
STIパーツSTI正規パーツSTIシフトノブ(アルミ+本革巻き5MT)...
価格:14,963円(税込、送料込)

カーレーダー探知機
人気ドライブレコーダー